ファミリー
  1. ホーム
  2. 恵方巻を楽しもう

恵方巻を楽しもう

鬼と豆

どのお店で購入するか

節分と言えば豆まきと思う方も存在するかもしれませんが、恵方巻も節分には欠かせない名物となっています。毎年、恵方を向いて、恵方巻を一本食べます。その間にしゃべると運が逃げてしまうとのことから、食べている間は話してはいけません。また縁起がいいとのことから、恵方巻の具は7種類が一般的です。ここでポイントとなるのが、節分の恵方巻をどのように用意するのかという点です。最近では、毎年節分の時期となると、様々なお店で恵方巻が販売されます。スーパーやコンビニのチラシから情報を集められるので、好きなお店で購入しましょう。具もバラエティに富んだ品が用意されているため、どのような具材が入っているかで選ぶのも1つの手です。

自分で作って楽しもう

節分の恵方巻を用意する方法は、購入することだけではありません。太巻きを作る要領で、自分で作るのも選択肢の1つです。自分で恵方巻を作ったほうが、好きな具材を巻けるので、自分が食べやすい恵方巻を作ることに繋がります。またお店で購入するより、自分で作ったほうが安上がりです。節分の恵方巻は、特定のスタイルにこだわる必要はありません。自分で作るのであれば、自分が食べたいものを作るようにしましょう。例えば普通の海苔巻きのような形で作るのではなく、カリフォルニアロールのように、ちょっと変わった恵方巻にもできます。自分で作るからこそ、好きな工夫をして、自分だけの恵方巻が可能です。福を呼び込むうえでも、自分に合ったスタイルで呼ぶことも大切です。